☆ぼう家のまとめ情報☆
最新イベントやお得なクーポン、店舗情報など
まずはコチラをクリック♪

こんにちは〜 中山です


ぼう家の定番となってきた【東北の日本酒300円】
現在は「一の蔵 特別純米」をご提供してますが、なくなり次第で変更します〜

次回は「福島のお酒」を狙ってます
 

たまには真面目な話でも
長くなるのでメンドクセって方は読み飛ばしてください


阪神大震災から今日で17年です

そして東北の地震が起きてから、早くも1年が経とうとしてます
夏頃まではニュースでも大々的に取り上げられていましたが、日に日にニュースも減るばかり・・・
 
現在、東北でボランティア活動をされている人数ってご存知ですか??
年末のニュースからの情報ですが
ピークの時の人数から9割以上の減で 現在では600〜700人ほどだそうです
雪などの影響もあるとは思いますが・・・


阪神大震災の時を例にとりますと、

仮設住宅から全員が退去したのが 「5年後」
高、大卒の新規の就職率が回復したのが「4〜5年後」
全体の就職率は微減でしたが、復興関連の仕事ばかり
自殺率は急増、
子供など、心のケアが必要な人も沢山いました

まぁ、何が言いたいのかといいますと

道路や水道、ガスなどのインフラの復興は早いですが、本当の復興には時間がかかるということです



んで、ぼう家の取り組みなどをカキカキ

飲食店として何ができるかを考えたところ
大まかには

義捐金を送る
東北地方の食材を使う

だと思います

ボランティアに行ったり、配給活動をするのは現実的に厳しいです

で、 
義捐金に関しましては ぼう家に貯まっていた募金に従業員からの募金を合わせまして赤十字さんにお送らさせていただきました(3月中に)

で、重要なのが2番目の 東北地方の食材を使う です

食材を大まかに分けますと
肉、野菜、魚、酒 かなと

魚に関しては取り扱いが無いので考えないことにします

そして
肉や野菜に関しても、現状の情報やニュースを見るかぎり
安心して使うということは難しいと思います

安全性について色々な意見があると思いますが、
個人消費ではなく 「ぼう家」 として考えた場合、積極的に使う事は「無い」です

で、
最後に「お酒」ですが
「ぼう家の取り組みとして積極的に取り入れます」

歴史のある「酒造さん」のためにも、日本の文化の「米作り」のためにも
なるべく沢山の「日本酒を酒造さんから買いたい」という思いから

【東北の日本酒 1杯300円】 

という企画が生まれました

途中でも書きましたように、復興には時間がかかります
東北の日本酒300円は最低でも「3年」は続けようと思います

ご来店の際には、じゃんじゃん飲みまくってくださいね〜


そして
お酒を選んだ大きな理由がもう一つあります

単純な事なのですが・・・・

「お客様が飲む、飲まないを選択できる」ということです

東北のお酒300円のメニューには
酒造名 銘柄名 純米などのランク 酒造の住所 などが表記されています

お客様がご自身で判断した上で注文していただければ問題ないと考えています

余談ですが、ぼう家としての「日本酒の売り上げ」は伸びています
東北のお酒と一緒に、他の地方のお酒も飲んでもらえてるので嬉しいですね
ありがとうございます

最後に
「東北の日本酒300円」は4月11日からスタートして9ヶ月が過ぎました

途中結果を報告させていただきます

使った酒造さんの数  「6つ」の酒造さん
延べの銘柄の種類   「11種類」の銘柄
買った日本酒の本数 約65本
販売できたグラスでの杯数  約800杯

沢山のご協力ありがとうございます

長くなりましたが・・・・最後まで読んでくれてありがとうございました

今後も ぼう家 を、よろしくお願いします〜

ではでは